緑内障手術しない最新治療-原因と症状予防方法

MENU

私は緑内障を手術しない最新治療で治しました

>>緑内障を自分で改善する最新方法<<

 

 

 

 

こんにちは、私は今年58歳になる女性です。

 

数年前から、目がかすんだり、頭痛がおきたりする症状が起き始め、
加齢によるものだろうと思っていたところ

 

視力が急激に悪くなったため、病院で診察をうけたところ

 

”緑内障” と診断を受けました。

 

病院では、

 

緑内障は基本的に、手術をしなければ、完全に治ることもないし、手術をしても
失った視界がもとに戻ることはありません

 

治療方法としては、

 

点眼薬で一時的に眼圧を下げますが、これもあくまで一時的に症状が安定するという
だけなので、

 

手術で治療しない限りは、ずっと点眼薬を続けることになると言われています

 

 

” ま、多くの人は手術を受けますし、最新治療ではレーザーを使って治すので
  以前の様に、手術時間が掛かったり、痛みがひどかったり、失明のリスクは

 

  高くありませんから、私としても手術をお薦めしますよ”

 

と説明を受けました。

 

 

お医者さんって、残酷ですよね。 手術をしないと一生治らないとか、
手術をしても、

 

失明のリスクがあって、例え成功しても視界は治らない

 

という人にとっては、重大なことを、 あっさりと言うんですから。。。。。

 

 

点眼のリスク、手術のリスク、レーザーのリスク

 

早急に手術をしないといけない状態では無かったので、お医者さんが言っていた
点眼を続ける方法や手術方法、最新のレーザーを使った治療方法についても
調べてみました。

 

 

点眼のリスクとデメリット

 

上述のとおり、点眼薬で眼圧を下げることで一時的に症状を抑えます。
しかしながら、あくまで一時的な対処方法なので

 

点眼薬の場合、使い続ける必要があります。

 

点眼薬のリスクとしては、その成分によってはドライアイ、目のかゆみなどの症状の
原因となり

 

それが眼精疲労につながります。

 

点眼薬というと、普通の目薬と思って軽く考えてしまいますが、目薬もあくまで
薬であって、

 

その病気の根本原因を治すものでは無いので、副作用のリスクがあるんです。

 

また、緑内障の点眼薬は”眼圧を下げる” 作用がありますが、緑内障の種類
によっては

 

眼圧が上がらない=高く無い 

 

という症状の緑内障もあるので、その場合には点眼薬は効果がありません。

 

 

手術のリスク

 

リスクもありますが、
正直、目の手術は怖いですよね。。。 
しかも、その恐怖を例え乗り越えたとしても、リスクがあるんです。

 

まず、一度失った視界を戻すことは出来ません。あくまで進行を止めるだけです。

 

一番怖いリスクが

 

手術の合併症で、視力の低下や白内障の発症があります。

 

また、当然のことながら手術なので、感染症のリスクもあります。

 

そして忘れてはいけないのが、

 

緑内障の手術をしたからといっても、また再度発症する事があるということです。

 

手術をして、眼圧が下がっても時間が経つと、その効果がさがって再度手術する事も
あるのです。

 

結構、緑内障の手術を数回した事があるという人がいるのが驚きです。

 

 

最新治療のレーザー手術のリスク

 

従来のメスを使わない最新治療方法として、注目を浴びているレーザーですが、

 

レーザーで照射し、悪い部分を焼いていくので、目に対する負担やリスクがあります。

 

また、上述の従来の手術同様、再発するケースがありますし、再発の確率は
メスを使い手術より高いと言われています。

 

緑内障の名医が教えてくれた自分出来る治療方法

 

色々な緑内障の最新治療法を調べてみたものの、やはりその手術方法によって
メリット・デメリットががあるのが分かりました。

 

私としてはなるべく手術をしないで治療とは言わないまでも、それ以上の進行を
抑えたいというのが望みでした。

 

そんな時、主人が腎臓の症状が悪くなり総合病院に診察を行った時に、その診察の
待合室に、

 

”自宅で自分で出来る緑内障改善・治療方法”

 

という雑誌が置いてあるのを見つけ、読んでみました。

 

やはり、私の様に緑内障になり、失明のリスクや手術の怖さなどで、手術に踏み切れない人が
多い現状で、

 

実は、手術より前に自分で出来る予防・改善方法があるというのがその本の趣旨でした。

 

その本自体に詳細は書かれておらず、紹介の文章でしたが、私は帰宅後、その本(冊子)を
インターネットで購入しました。

 

 

結果から言うと、この本に出合えて本当に良かったと思っています。

 

手術の様に即効性はありませんが、明らかに症状が改善していくのが分かりますし、
緑内障の予防にも応用できるので、

 

主人も実践しています。

 

 

冊子としては、価格は高いですが、点眼のこと、手術のこと、失明のリスクなどを考えると非常の
安いですし、

 

効果が無ければ全額返金してもらえるので、試しにやってみることを強く推奨します。

 

 

私の様な悩みを持った人に少しでもお役に立てれば光栄です。

 

緑内障手術しない最新の方法

 

 

 

 

 

緑内障の最新検査方法

 

意外と知られていませんが、緑内障とは多くの人がかかる病気です。推定患者数は国内で400万人程度と言われ、実に30人にい1人は緑内障の疑いがあります。この病気の恐ろしいところは症状が非常にゆっくりと進行していき、しかも同時に両目が進行してくことがまれだということです。そのため気が付いた時にはかなり症状が進行しており、失明寸前の時もあります。そのため日本人の失明原因の第一位はこの病気によるものです。それを防ぐためにも定期的な検査を行う必要があり、40歳を過ぎたら一度は検査を受けておくことをおすすめします。
検査は眼科で行われいくつかの方法で行われます。まずは眼圧を調べます。緑内障は眼球の中に房水がたまり、眼圧が上がることで視神経を圧迫します、そのため眼圧が上がっていれば緑内障を疑います。また治療の効果や病状の進行を確認するのにも眼圧の確認を行います。次に眼底の検査を行います。視神経乳頭という、眼底の後ろにあり、神経線維の束が突き抜けて脳につながる部位を調べたり、網膜神経線維層と言って、眼底の網膜にある神経線維の厚さなどを調べます。そして病状が進行すれば視野が狭くなったり、かけている部分があるのでそれらの確認も行います。また本来なら眼球外に排出される房水は、隅角を通って外へ排出されます。この隅角がふさがっていないかも確かめます。
最近では眼底の確認には、コンピュータ眼底三次元画像解析が導入されており、診断制度は高まってきています。レーザーを使う方法と光干渉断層計を使う方法があります。レーザーを使う場合、共焦点レーザー眼底鏡というのを使用し眼底に微弱なレーザー光を照射し、それをコンピュータにより3次元画像化します。これにより眼底の様子を立体的に再現し、視神経乳頭の陥没の程度を計測して、異常の有無を判定することができます。また共焦点レーザーポラリメーターを使えば、神経線維層の厚みを計ることができ、ごく早期の緑内障でも発見することが可能です。光干渉断層計では、波長820nmの近赤外線のビームで眼底の視神経乳頭の形状や網膜神経線維層の厚さなどを調べることが可能です。これらの装置は大変効果で、近年登場したものです。まだまだ置いてある医療機関も少ないので、あらかじめこれらの装置があるのか確認しておく必要があります。またこれらの装置によって新たな問題点も出現してきており、十分に使いこなせる医師が少ないのが現状です。

 

緑内障の初期症状

 

緑内障は、40歳以上の20人に1人が発症している目の病気です。視神経に障害が起きて機能しなくなって、失明や視力の低下を招きます。この病気は日本人の失明原因の1つとなっています。視神経は、繊維のように細く束になった状態で、神経の1本1本が網膜に映し出された情報を脳に伝える働きをしています。発症すると神経に障害が生じてしまい機能しなくなってしまうのです。一度機能しなくなった視神経は、元に戻ることはありません。ですから早期に発見し初期症状の段階で治療を行うことが重要になるのです。しかし、症状の進行が遅いため気付いた時は末期症状になるケースも多く見受けられます。慢性の緑内障は、初期症状からおよそ20年程度かけて徐々に末期症状へと進んでいきます。初期症状が出ていても、はっきり自覚することが少ないといわれています。また、片方の目が発症していても、もう一方の目が見えない部分をカバーしていることも自覚症状がすくない原因の一つです。慢性の緑内障の初期症状は、視野が狭く感じたり、視野の一部に暗点が見えるといわれています。また、蛍光灯の光を見た時に虹がかかったようにみえることもあります。視野とは目で見える範囲のことです。見える範囲が今までより狭く感じたり、見ている場所にぼんやりかすんで見える箇所が出来るます。暗点は、はっきりと見えない部分ができるいうことで、視野の一部が黒い点として見えるということではありません。病気が進行すると自分の鼻に近いところから見えにくい箇所が出てきます。徐々に範囲が広がって視野全体に広がっていきます。末期になると視野全体がぼんやりしてしまい視力が低下し、車の運転を始め、日常生活に支障をきたす状態です。さらに進行すると失明してしまいます。このようなことになる前に40歳を過ぎたら定期的な検査を眼科で受けるようにしましょう。緑内障は遺伝すると考えられています。親族に発症した人がいる場合は、定期健診することをお勧めします。注意したいのは慢性ではなく、急性の緑内障を発症した場合です。急性の場合は突然、目の痛みや吐き気、頭痛などが起きて視野が暗くなります。このような症状が出た場合は、様子を見たりせずに早急に眼科を受診するようにしましょう。眼科では、眼圧や眼底検査などが行われます。症状が初期の場合は点眼薬で病気の進行を抑えます。症状が進行している場合は、レーザー治療や手術を行います。

 

 

 

緑内障の原因は?ストレス

 

緑内障の多くは、年齢が進むことで徐々に進行し、40代くらいになると様々な症状が出てきます。

 

進行すると、眼圧が高くなることで視野に障害が出たり吐き気や強い嘔吐の症状なども伴い、日本人が失明する原因の第一位にも挙げられています。

 

そのため、早期治療と早期発見が望ましいとされていますが、実際に病状が進行するまで自覚症状が感じられないので厄介な病気でもあります。

 

実際の症状が出たとしても徐々に視界が悪くなるだけなのでかなり進行して激しい病状が出るまで気づかないという人は多く、日本における疾患人数は300万人と言われていますが実際は隠れ緑内障の人が数多くいるとされているのです。

 

本来は、眼圧が高くなることで視野欠損が生じて日常生活に支障が出てくるのが一般的ですが、実は最近ではストレスによって発症することのある正常眼緑内障を患う人が増えてきています。

 

この場合、眼圧は正常なのにも関わらず、ストレスがあることによって視神経への血流が滞ることにより十分に栄養素や血液が回らなくなるために視野障害などが起こるとされています。

 

現代人は女性も男性もストレスを抱えながら社会で働いている人が多く、現代病といっても過言ではないかもしれません。

 

しかも、この正常眼緑内障は毎年会社の健康診断や人間ドッグを受けていたとしても見落とされやすい病気であり、眼科医に眼底写真を見てもらわない限り発覚しない可能性もあるとされていますので、眼科に通ったのは子供の頃だけという長年眼科に通っていないという人は一度眼底検査してもらうのが良いかもしれません。

 

予防法として、とにかく目を休ませてなるべく視神経への負担を軽減してストレスをなくすことで改善することは期待できますが、仕事だけでなくプライベートにおいてもパソコンやスマートフォンなどの機器が手放せなくなっている現代人にはなかなか緑内障のために予防をするのは難しいといえます。

 

毎日の仕事の疲れをいやしてくれるのが、パソコンのネットゲームだったりスマートフォンでのネットサーフィンやLINEという人もいるので、ある程度の使用は仕方ないといえます。

 

ただ、こういった状態が長期間続くことでいずれ視神経に大きな影響を及ぼして視野障害が出る可能性があるということを把握して、気づいたときに対処していくことが大切となってきます。

 

今日は目を使いすぎた、ストレスが溜まっている感じがするという場合には、就寝の1時間前にはパソコンやスマートフォンなどを閉じて、リラックスした状態で眠るようにするなど、日常生活の中で心掛けていくことをおすすめします。

 

 

緑内障の最新手術方法

疲れ目や充血・目の痛みやかすみ・など日常的に起こる目の症状に見えますが、実際には緑内障の症例の一つです。
初期段階で気づきにくいからと放っておくと失明原因となります。眼圧が高くなり視神経が圧迫されて損傷を受け、少しずつ脱落していき視野を失っていくのです。特に40歳以上の日本人の20人に1人は緑内障と言われているので、40代を過ぎたら定期健診を受けるようにしましょう。

 

原因が眼圧の高さである以上、治療方法は眼圧を下げることが基本です。一度視神経が傷つき視力が下がった場合治すことはできません。ただ進行を遅らせたり止めたりすることで現在見えている視野をそのまま維持することができるようになるのです。
原則としては目薬や内服薬などの薬物治療です。ただ続けても効果がないという場合には、レーザー治療・手術療法が必要となってきます。手術治療の方が眼圧を下げる効果は高いです。

 

最新手術としてはチューブシャント手術というのが2012年に保険適用となりました。専用のインプラントを挿入することで房水の排出路を作り眼圧を下げるようにするのです。プレート付きチューブを白目の下にいれたり、プレートなしチューブをいれたりして排出のための路を作って流すのですが、今までの手術方法が不可能だった人にも行なうことができますし、術後の回復が早いことなどメリットがあり、注目を集めています。

 

早期発見すれば手術まで行なわなくても手術方法も簡単で済みます。そのため検査方法についてもまた進化してきています。検査方法としては眼圧や眼底・視野や隅角検査などが行なわれるのですが、特に眼底検査ではコンピュータで眼底の三次元画像を解析する装置が導入されています。

 

眼圧が影響する緑内障ですが、たとえ眼圧が正常であっても緑内障を患っている人が全体の7割ほどもいるのです。極度の禁止の人や家族にも症状を持つ人がいる場合は特に注意して、30歳過ぎくらいから早めに定期検査を受けるようにしましょう。

 

薬物治療・レーザー治療・手術それぞれにメリットデメリットがあります。手術の合併症で視力低下や白内障の発症などの危険性もある以上、信頼できる病院選びも大切です。また、一度治療を受けたからといって完全に治るとはかぎりません。再度発症の可能性もあるため安心せず、定期検査は続けるようにし、また何らかの症状を感じたら早めに病院に行くようにしましょう。何度も手術を行なったという人もいます。

 

 

最新治療方法で治すには?

 

 

若いころは自分の体について、なにも心配jになることもないですし、健康診断をうけたとしても、大きな問題が見つかるということもないのですが、40代すぎくらいからあちこち、要検査とか要経過観察など、ひっかかるようになってきてしまいます。その中で、内臓や心臓などの臓器は調子が悪くなると、自覚症状があることが多いので、健康診断の前に自分で医者にいったりして検査をうけたりすることが多いです。でも、目の症状というのは、知らず知らずのうちに悪くなっていることが多いです。とくに白内障や緑内障などは
50代以上の人が掛かりやすい目の病気ですが、どちらも少しずつ悪くなっていくので、気が付いたときにはかなり症状が悪化してしまうことが多いのです。とくに緑内障は、悪化すると失明してしまうかもしれない怖い病気です。症状としては、眼圧が高くなることで視神経を圧迫してしまい損傷を受けた視神経が徐々に脱落してしまいます。そのため見える範囲が狭まってきてしまいます。
緑内障の一番はじめの自覚症状としては、視野が欠けるということです。ただ人の目というのは、左が見えないからといってすぐに気が付くことはないです。見えない分、右の目で見ようとしてしまうので、症状があるのに、自分では気が付かないこともあります。
このため定期検査をうけて初めて緑内障とわかることもあるのです。
では、緑内障とわかったときは治療はどのようなことをしていくのでしょうか。まずは眼圧をさげていくことが一番です。薬を飲んで眼圧がさがれば、眼圧がコントロールできたということなので、それで経過観察で様子をみていくことになりますが、それでも症状が悪化していくことになれば、手術ということにもなる可能性があります。ただ目の病気というのは治療がかなりデリケートですから医師の腕によっても治療方法が違いますし、また成果も変わってくるのです。ですから病気がわかった時点で医者選びをしっかりしていったほうがいいのです。ネットなどを利用して治療実績をみたり、目の治療の名医と言われる医師をみつけていくことが必要です。いまはネットで名医を探すことができるので、いろいろと情報を集めていくことが大切です。そして名医をみつけたら、なるべく早く診察をうけてみることが必要です。自分の症状を伝え、いろいろな検査をうけると、治療方法に希望がもてるかもしれないからです。病気がみつかったら前向きに治療をしていくことが重要です。"

更新履歴